一色の森☆石窯ピザ

炊事棟にある石窯は自由に使えます。(予約不可)
譲り合って使ってくださいね!

ピザピールレンタル/400円
薪/500円


ピザの焼き方



①まず石窯の手前の方で、細かい枝や薪を組んで火をつけます。
最初から奥で薪を組んでも、空気が通らないため、火が付きません。

※ガスバーナーなどがあるといいかも!


火が付いたら、太い薪を少しずつ入れていき、徐々に奥で燃えるように押していく。
※空気が入らないと燃えないので、隙間をつくりながら、少しずつ薪を入れて、奥へ入れていく。

②約1時間程度じゃんじゃん焚く!(外気温により異なる)
 目安は、薪が炭の状態になり、窯に手を近づけてみて、熱くて手を近づけていられなくなるくらい。



※窯がしっかりと温まらないとピザが半焼け状態になってしまうので、ここは妥協せず、がんばって焚いてください!



③しっかりと窯が温まり、薪が炭の状態になったら、炭を周りに寄せて、ピザを焼くスペースをつくります。

※ある程度炭を寄せたら、ピザピールでスペースをパンパンと叩くときれいになります。

④手作りピザの場合、ピザピールにピザがくっつかないように、ピザピールにも打ち粉をふってピザをのせて、石窯の中にそっと滑らせるように入れます。

奥の方が熱があるため、できるだけ奥に入れる。
ピザの焼け具合を見ながら、ピザピールでピザを手前に引き出し、少し回して再び奥に入れて、まんべんなく焼く。

※窯がしっかり温まっていれば、ピザ一枚3分程度で焼けます!

⑤ピザの表面や裏側を見て、少し焦げ目ができているくらいでOK!

焼けたらピザトレーに移し、ピザカッターでお好みにカット!

自然の中で食べるアツアツの焼きたてピザは格別ですよ~♪


ポイント☆

・生地からピザを作る場合は、下ごしらえは事前にやって丸めておき、石窯の火が安定してきた頃から生地を広げトッピングしていく。(早すぎると生地がくっついてしまう)
・生地が厚いと中まで火が通らないので、薄めにつくる。
・トッピングはのせすぎるとこぼれてしまうので控えめに!
・強力粉などの打ち粉を忘れずに!
・ピザを焼くスペースはきれいにしておかないと、ピザが下にくっついてしまい、中でぐちゃうちゃになってしまうのでご注意!
・枚数が多い場合は、窯の熱が冷めてきてしまうので、薪や炭を追加して再び窯を温める。(充分に窯が温まった状態でピザ5枚程度)
・ピザの下にアルミホイールを敷いても良いが、ピザとアルミホイールがくっついてしまうので注意。
・分からないことがありましたら、お気軽に管理人に聞いてください!

ピザだけじゃなく、石窯をつかって様々な料理やデザートなんかもぜひやってみよう!

アウトドア石窯クッキングを楽しもう♪